レーシックの知っておきたい基本知識

Basic knowledge of LASIK

メインイメージ

レーシックの常識(基礎知識)

これまで、視力の悪い人は眼鏡やコンタクトレンズで視力矯正をするのが普通でした。

しかし近年、レーシック手術の技術向上により、
矯正手術を受けて裸眼での生活を手に入れる人たちが増えています。
こちらにレーシックの正しい知識についてかいてありますので参考にしてください。

メガネやコンタクトの煩わしさという物は、経験者でなければわからないものですが、
海やプールに入れない、コンタクトの場合は、
毎晩レンズを消毒し、朝はレンズを装着するまで見えないなど、とても不便です。

技術の向上から、後遺症や合併症の心配も少なくなり、
プロ野球の選手や芸能人も受けていることから、人気が高まっています。
しかし、失敗する可能性もなくはないようです。
芸能人でも失敗している人はいます

こちらにはレーシック難民について詳しく書いてあるので是非ご覧ください。

どんな手術?

果たして、実際のところはどのような内容なのか気になるところです。

まず、http://xanarama.net/flow.htmlにも書いてあるように、カウンセリングを行い、その後、術前に検査があります。

年齢、視力の進行度合い、角膜の厚さや目の状態、持病などを詳しく検査し、
問題がなければ手術が受けられます。

いよいよオペですが、まずは目薬などで麻酔をかけます。

麻酔が効いたら、眼球を固定します。

マイクロケラトームやレーザーで角膜表面にふた状の切り込みを入れます。
これを【フラップ】と呼びます。

フラップをめくり、角膜にレーザーを照射して視力を調整し、
再びフラップを戻して完了です。

細かい内容は技術の種類によって異なります。
こちらに レーシック手術の種類とかかる費用の相場、また手術の前後や手術中に行うことについてかいてあるサイトありますのでご覧ください。

安全性

現在では、http://www.necrotania.com/situmei.htmlにも書いてあるように、日々さまざまな技術が進化を続けておりますので、
安全性が高く安心して受けることが出来ます。

しかしながら、最後に重要なのは信頼できるクリニックや医師に巡り合えるかどうかです。

後遺症や合併症が起きにくい技術は沢山ありますので、
受けたい内容を参考にしながら信頼できるクリニック選びをすると良いでしょう。

欠点

デメリットは、
・年齢によっては受けられない事
・コンタクトレンズの人は、術前1~2週間ほどコンタクトを外さなくてはならない事
・術後ドライアイになりやすく、頻繁に目薬を指さなくてはならない事
・保護眼鏡をする場合がある
・比較的まとまった費用が掛かる
・車の運転や運動など、しばらく控える必要がある
などです。

すこし面倒かもしれないのですが、術後トラブルを起こさない為の大切なポイントです。

一定期間が過ぎてしまえば、あとは裸眼の楽な生活が待っています。

アフターケア

術後のアフターケアはとても重要です。

ケア内容は、医師の指導に従えば安心ですが、よくあるケアをご紹介いたします。

・当日の入浴は禁止
・目に水が入らないようにする
・絶対にこすらない
・アイメイク禁止
などなど…

また、処方された目薬は決められた時間に必ずさすようにしてください。

怠ると、合併症や後遺症を起こしますので、十分注意しましょう。