レーシックの知っておきたい基本知識

Basic knowledge of LASIK

メインイメージ

コンタクト&メガネvsレーシック徹底比較

視力矯正の方法はいくつかあります。
昔からの代表的な方法としてはメガネが挙げられるでしょう。
その他には、現在ではコンタクトレンズが流行しています。

それぞれにメリットがあり、デメリットがあるわけですが、
そんな中で人気を博しているのがレーシック手術という解決策です。

これまでの視力矯正のデメリットをしっかり解消しているうえに、
特にこれといったデメリットもないという魅力的な方法で、
スポーツ選手や著名人にも積極的に採用されています。

ここでは、これらの手段の長所と短所をまとめて解説しています。
比較・検討の材料として有効でしょう。

コンタクト

コンタクトレンズは現在では使用している人が多くなってきています。
眼鏡のような装着感がないという点や見た目にも重苦しくならないという点で、
非常に大きな人気を博しています。

デメリットとしては消毒・洗浄の手間が挙げられるでしょう。
一日の終わりには必ずコンタクトレンズを外さなければいけません。
さらに視力が著しく悪い場合はメガネを用意しておく必要もあります。

消毒液を買う必要もあり、その費用などがかかることもあります。
作成時には、眼科に行って検査などを行わなければいけないという点も挙げられます。

眼鏡

古くから視力矯正に用いられている代表的な方法として挙げられます。
ファッション的な意味でも用いられることがあるので、一概に不要とはいえないでしょう。

メリットは着脱が簡単という点でしょう。
さらに、視力の矯正精度も他の手段と比べると高いといえるかもしれません。

デメリットとしては、装着感や野暮ったさが挙げられます。
どうしても邪魔になってしまう時がありますし、特にスポーツを行う時は邪魔になります。

その他にも、何かと邪魔になってしまうことが多いのが難点です。

レーシック

最先端の眼科医療技術が可能にした手術方法のことを指しています。
最大のメリットとしては裸眼での視力が回復するという点にあります。
メカニズムの説明は省略しますが、一回の手術で半永久的に効果が持続するというのも魅力です。

コンタクトレンズのデメリットとして挙げた手間や面倒がかかる事もありません。
眼鏡のような煩わしさも当然のことながら、一切ありません。

手術を受けなければいけないという短所はありますが、施術そのものは20分程度で終わります。
その後のアフターケアにしっかり通っておけば、トラブルも避けることができるでしょう。

合併症のリスクがあるという点については大きなデメリットになりますが、
クリニック選びをしっかりと行うことで可能性を減らすことは可能です。

上記の点をしっかりと把握して、十分に検討してみましょう。