レーシックの知っておきたい基本知識

Basic knowledge of LASIK

メインイメージ

視力低下の原因を理解する

視力の低下と一口にいっても、様々なパターンが挙げられるでしょう。
近視や遠視、乱視や老眼などがその代表的な例です。
このほかにも緑内障や白内障などの目の病気もあります。

ここでは、そんな視力低下が一体なぜ起こってしまうのか?
という疑問に対して丁寧にお答えしています。

主にメカニズムや大きな原因となっている項目について詳細に解説します。

近視

日本人は比較的視力の悪い人が多いようなイメージがありますが、
その中でも特に多いのが「近視」という症状だと考えられています。
程度にはピンからキリまであるものの、日本人の半分以上はこの症状に悩まされています。

主な要因のひとつとして、生まれつきの眼球の形状が挙げられます。
簡単にいえば遺伝によるものであり、多くの場合は子供のころから成人するまでの間に、
徐々に視力が低下していってしまうようです。

その他にも生活習慣は大きな要因として挙げられるようです。
パソコンをはじめゲームや携帯などの液晶画面はもちろん、本やマンガなどを視ることで、
眼球の裏の筋力が低下していってしまいます。

簡単にいえば、目の酷使による視力の低下というところでしょうか。
そのため、上記のような作業は目を休ませながら行うのが理想的とされています。

また、乱視を併発してしまうことも多いとされているので注意が必要です。

遠視

近視に比べると症状を持っている人が比較的少ないというのが特徴です。
それゆえに症状そのものが十分に理解されている事が少ないようです。

遠視になると近いものも遠いものも見えづらくなります。

具体的なメカニズムとしては遠くの方から眼球に入り込んできた光を調整できない事から、
この状態になると考えられており、眼球の屈折率が正常ではないことが背景にあります。

この視力低下に対しては凸レンズを用います。
その点に関しては老眼と同じですが、その他の点は全く異なります。

比較的子供に多い症状であるというのも大きな特徴でしょう。

老視

老眼とも呼ばれる症状であり、殆どすべての人が患う症状です。
程度の違いもありますが、生活する過程で加齢とともに徐々に眼球の裏の筋力が失われます。
結果的にはピントをあわせるレンズの機能が衰えています。

目の酷使を避けることで発生を遅めることはできるとされています。
目を休めながら作業を行うなどの点を注意してみましょう。
特に液晶画面を見ているときは、意識的に休ませることが必要です。

上記の例はすべてレーシックで回復させることが出来ると言われています。
上手に活用して生活を豊かに送りましょう。
こちらのサイトの解説レーシックで快適裸眼ライフも是非参考になさってみてください。